坐剤の保管にご注意ください

坐剤の保管について

保管におけるご注意

1~30℃で保管、直射日光は避けてください。

坐剤は、体温で溶けるように設計されていますので、1~30℃で、直射日光の当たらない涼しい場所に外箱に入れて保管してください。
0℃以下となる冷凍庫等で保管した場合、まれに坐剤のひび割れを生じる場合がありますので、0℃以下で保管しないでください。

は、保管温度が1~30℃であることをあらわしています。

坐剤の先端が下になるように立てて置いてください。

下の図のように坐剤の先端(丸みのあるほう)を下に向け、立てた状態にして外箱に入れ、保管してください。

持ち運びの際のご注意

カバンまたはバッグの中等では日差しを避け、放置はしないでください。

坐剤の先端を下に向け、カバンまたはバッグの中等に入れ日差しを避けてください。
停車中の車内等に放置しないでください。

保管におけるポイント
  • 1~30℃で保管、直射日光は避けてください。
  • 坐剤の先端を下に向け、立てた状態で保管してください (外箱の「上」マークをチェック)
  • 冷凍庫では保管しないでください。

このページの先頭へ