基礎知識

知っているようで、
よく知らない「痔のはなし」

痔はいつも血が出る、痛いもの…、と思っていませんか? 実は痛くない痔もあるのです。
ここでは、知っているようで、あまり知られていない痔について解説しています。

痔とは?

痛いだけが、痔ではない

痔というと、どんなイメージがあるでしょうか?
「痛い」「血が出る」といったイメージを浮かべる方も多いのですが、実は出血もなく、痛くもない痔というものもあります。

このため、ひと口に痔と言っても、さまざまな症状があります。こうした痔の症状や原因を知るために、まずおしりの仕組みを理解しておきましょう。

意外と複雑なおしりの仕組み

実は初期の胎児の肛門には穴は開いていません。子宮内で成長するにつれて、口のほうから下がってきた腸と、おしりからくぼんできた皮膚がつながって、一本の通り道になり肛門ができます。このつながった境界線は、「歯状線(しじょうせん)」と呼ばれ、歯状線より上は粘膜部分、下は皮膚部分となっています。

また、肛門内部と出口付近には静脈叢(じょうみゃくそう)と呼ばれる毛細血管が集まった部分があります。歯状線より上の直腸粘膜の静脈叢周辺には知覚神経(痛みを感じる神経)は通っていませんが、歯状線より下側の皮膚部分の静脈叢には、知覚神経が通っています。

このように肛門は、血管や神経等の構造のほか、伸縮性等が異なる2つの組織が同居したデリケートな構造になっています。

肛門は2つの異なる組織が
接合したもの

痔は大きく分けて3種類

痔には、主にいぼ状のはれができる「いぼ痔(痔核)」、肛門の皮膚が切れる「きれ痔(裂肛)」、肛門に膿のトンネルができる「痔ろう」の3種類があります。

このうち、いぼ痔には、肛門内部にできる「内痔核(ないじかく)」と、肛門の外側にできる「外痔核(がいじかく)」とがあります。直腸粘膜側の組織には知覚神経が通っていないため、肛門内部にできるいぼ痔(内痔核)では痛みを感じないのですが、歯状線より下の皮膚部分には知覚神経が多く通っていますので、きれ痔(裂肛)や、肛門の外側にできるいぼ痔(外痔核)には痛みを感じます。このように痛みの有無で痔のおおよその位置がわかります。

また、歯状線にあるくぼみに細菌が侵入して感染し、化膿した膿がトンネルを作って貫通すると、 「痔ろう」になります。

それぞれの痔について、詳しくはこちらをご覧ください。

  • いぼ痔(痔核)
  • きれ痔(裂肛)
  • 痔ろう

どうして痔になるの?

こうした痔になる主な原因としては、「便秘」や「下痢」、「排便時のいきみ」「座りっぱなし」等があります。たとえば、便秘等で便が硬くなると、排便の際、肛門に圧力がかかり、出口が切れてきれ痔になったり、肛門の静脈叢と呼ばれる血管の集まった部分がうっ血して、いぼ痔になったりします。

生活習慣の改善が大切

痔の発症には、便秘や下痢、食事等、普段の生活習慣が大きく関わっています。
痔を治すために、薬を使うことも大切ですが、何より「生活習慣」を改善することが基本となります。健康的な生活を送るため、すでに痔の方も、自覚のない方も、痔と生活習慣との関係についてもっと知識を深めておきましょう!

このページの先頭へ