基礎知識

きれ痔(裂肛)の特徴

きれ痔(裂肛)は、肛門の出口付近の皮膚(歯状線の下にある肛門上皮)が切れた状態で、「さけ痔」とも呼ばれます。便秘による硬い便の通過や、下痢便の強い勢い等で、肛門の出口付近が切れたり、直腸肛門部の血液循環が悪くなることが原因です。歯状線より下にある肛門上皮は、肛門内部の粘膜と違い、知覚神経(痛みを感じる神経)が通っているため、きれ痔には、強い痛みが伴います。

きれ痔(裂肛)は女性に多いといわれますが、これは、ダイエット等で食事量を制限して便秘に悩む女性が多いことと関係があるとされています。無理なダイエット等で食事量が少ないと便のかさが増えず、腸管が刺激されないため、便秘になりやすくなります。すると便が硬くなり、排泄されづらくなった便が無理やり肛門を通過する際に、肛門上皮が裂け、きれ痔になってしまうのです。

このような便秘気味の方では、きれ痔が慢性化して悪化する傾向があります。きれ痔は強い痛みが走ることから排便をがまんしがちになり、便秘を引き起こします。すると、便秘のために便は硬くなり、肛門を傷つけやすくなります。こうした悪循環で、さらに悪化し、治りにくくなることもあるのです。

きれ痔(裂肛)の悪化サイクル

きれ痔(裂肛)の主な症状

症状としては、排便時の強い痛みと出血があげられます。出血は、トイレットペーパーに付く程度で、多くはありません。
問題はその痛みです。
肛門上皮には知覚神経(痛みを感じる神経)が通っていますから、傷口を便が通過するたびに、強い痛みを感じます。
さらに、痛みによって内肛門括約筋がけいれんするため、さらに激しい痛みが続きます。

主な症状
排便時の強い痛み
出血量は少ない(トイレットペーパーに付く程度)

このページの先頭へ