症状にあわせて選べる3つのタイプ

症状にあわせて選べる3つのタイプ

  • 注入軟膏
  • 坐剤
  • 軟膏

注入軟膏

肛門の内と外の痔に

小さな容器に入った軟膏で、肛門内部の痔には注入、肛門の外側・肛門付近の痔には塗布して使用できる2ウェイタイプ。
携帯に便利な個別包装
使いきりでクリーン(肛門内に注入する場合)
ノズル先端の丸いカーブがおしりに優しくフィット

※ 注入軟膏はボラギノールAシリーズのみです。

注入軟膏はこのような方に適しています

薬剤を肛門内部に注入することができるので、内部の痔(主にいぼ痔)に使用することができます。また、肛門の外側・肛門付近の痔には塗って使うことができるので、肛門の外側・肛門付近の痔(いぼ痔、きれ痔)にも使用することができます。肛門内にも肛門の外側にも、どちらでも使いたい場合に適しています。

注入軟膏の使い方はこちら

肛門内部の痔には注入、肛門の外側・肛門付近の痔には直接塗って使えます。

坐剤

主に肛門内部の痔に

肛門内に挿入して使います。肛門内部で溶けて拡がり、患部に直接作用します。体温ですばやく溶けて、すばやく拡がるように設計されています。油脂性基剤が傷ついた患部を保護し、スムーズな排便をたすけます。

坐剤はこのような方に適しています

肛門内に挿入するため、主に肛門内部の痔(いぼ痔、きれ痔)に使いたい場合に適しています。

坐剤の使い方はこちら

肛門内に挿入するため、主に肛門内部の痔に使えます。

軟膏

主に肛門の外側・肛門付近の痔に

患部に直接塗布するか、またはガーゼ等にのばして患部に貼付して使います。刺激が少ない油脂性基剤が傷ついた患部を保護します。

軟膏はこのような方に適しています

肛門の外側や肛門付近の痔に直接塗るかガーゼ等にのばして使うため、主に肛門の外側・肛門付近の痔(いぼ痔、きれ痔)に使いたい場合に適しています。

軟膏の使い方はこちら

主に肛門の外側・肛門付近の痔に使えます。

このページの先頭へ