ボラギノールMシリーズの特徴

痔の痛み・かゆみに

ステロイド非配合 第2類医薬品

4種の成分がはたらいて、痔の痛み・かゆみにすぐれた効果を発揮します。

配合成分とはたらき

痛みやかゆみをしずめる リドカイン

局所麻酔成分で、患部の感覚を一時的に麻痺させ、痛みやかゆみをしずめます。

うっ血の改善をたすける ビタミンE酢酸エステル(トコフェロール酢酸エステル)

末梢の血液循環をよくし、うっ血の改善をたすけます。

炎症をやわらげる グリチルレチン酸

非ステロイドの抗炎症成分でかゆみや痛み等の原因になる炎症をやわらげます。

傷の治りをたすける アラントイン

傷の治りをたすけ、組織を修復します。

「グリチルレチン酸」について

生薬の甘草(カンゾウ)に由来する成分で、炎症をやわらげ痔の症状の緩和をたすけます。 しかし、漫然と長期使用するとまれに顔や手足のむくみ、血圧が高くなる等の症状(偽アルドステロン症)を引き起こすことがありますので用法・用量を守って使用してください。

このページの先頭へ