知っておきたい「痔」のまとめ

知っておきたい「痔」のまとめ

おしりが健康なら、ココロも軽くすこやかに。
成人の半数以上は「痔」を
患っていると言われています。

だから「痔」のいろいろをもっと知っていただきたい。
痔のお薬「ボラギノール」の願いです。

名前はよく聞くけれど

痔ってどんな病気?

詳細を見る

「痔」とは「肛門の病気の総称」で、「いぼ痔(痔核)」「きれ痔(裂肛)」「痔ろう」の3種類が三大疾患として知られます。
その中でも特に「いぼ痔(痔核)」と「きれ痔(裂肛)」の2種類は多く見られ、一般的な痔の薬の治療対象となります。
「いぼ痔(痔核)」は、患部の位置によって「内痔核」(肛門内側のいぼ痔)と「外痔核」(肛門外側のいぼ痔)に分けられます。

三大疾患

もしかして自分だけ?

痔って特別な病気?

詳細を見る

特別な病気ではありません。成人の半数以上は痔を患っていると言われています。「排便時に出血した」「おしりが痛い」「おしりがはれている」「何か出ている」など、おしりのトラブルで悩んでいる方は、たくさんいらっしゃいます。

老若男女の諸痔情は?

痔ってなりやすい性別や年齢はあるの?

詳細を見る

特定の性別や年齢に限定されるものではありません。何となく「痔は、男性に多いのでは?」と思われるかもしれませんが、男女差はほとんどなく、便秘や下痢をきっかけに、幅広い年齢の方に起こる可能性があります。

何の痔ですか?

どんな痔が多いの?

詳細を見る

いぼ痔(痔核)、きれ痔(裂肛)、痔ろうのうち、男女共に最も多く見られるのは「いぼ痔」で、全体の約半数を占めます。男性は、「いぼ痔」に次いで「痔ろう」が多く、そのあと「きれ痔」が続きます。一方、女性は、二番目が「きれ痔」、「痔ろう」は三番目です。
特に肛門内側のいぼ痔(内痔核)は、通常、痛みを感じないため気付かないことが多く、突然の出血におどろいたりします。

男性

女性

1960年~2004年 社会保険中央総合病院・大腸肛門病センター症例

※ 痔以外の病気を含みます。

出典:寺本龍生(編)(2007).肛門部疾患診療最前線 株式会社 診断と治療社

人体はナゾだらけ…

いぼ痔ってどこにできるの?

詳細を見る

肛門の内側と外側にできます。肛門の外側に痛みやはれがあると、そちらに意識が行きがちですが、同時に、内側にもいぼ痔がある可能性がありますので、その場合は内側もしっかり対処しましょう。

痛くはない…

血がポタポタ出るが、痛みはない。これって痔?

詳細を見る

肛門内側のいぼ痔(内痔核)の可能性があります。内痔核は歯状線より上の細かい血管が集まった部分がうっ血して大きくなったもので、歯状線の上は知覚神経によって支配されていない直腸粘膜のため、通常、痛みを感じないのが特徴です。

おしりにも意外と負担がかかるの?

妊娠中は、痔になりやすいの?

詳細を見る

妊娠中は、赤ちゃんの成長とともに大きくなった子宮が、直腸や肛門部を圧迫することで、うっ血をきたし、痔になりやすくなります。また、ホルモンの影響で便秘になりやすいことも関係すると言われています。

ひぃぃぃぃ

辛いものを食べるのは、おしりにもよくないの?

詳細を見る

唐辛子や胡椒などの香辛料は消化されずに排出されるため、肛門を通過するときに刺激になる場合があります。
おしりの調子が悪い時は、辛いものを控えましょう。

このページの先頭へ