ご購入はこちら

肛門の内と外の痔に

ボラギノールA 注入軟膏

ステロイド成分を配合しています

類医薬品

ボラギノールA 注入軟膏ボラギノールA 注入軟膏

そもそも、注入軟膏ってナニ!?「1分でわかるボラギノール®の思いやり設計~注入軟膏 篇~」

特徴

特徴1

4種の有効成分のすぐれた効果

4種の有効成分が痔による痛み・出血・はれ・かゆみにすぐれた効果を発揮します。

POINT

4種の有効成分のはたらき

炎症をしずめる プレドニゾロン酢酸エステル
ステロイド性抗炎症成分で、炎症をおさえ、出血・はれ・かゆみをしずめます。
痛みやかゆみをしずめる リドカイン
局所麻酔成分で、患部の感覚を一時的に麻痺させ、痛みやかゆみをしずめます。
傷の治りをたすける アラントイン
傷の治りをたすけ、組織を修復します。
うっ血の改善をたすける ビタミンE酢酸エステル(トコフェロール酢酸エステル)
末梢の血液循環をよくし、うっ血の改善をたすけます。

4種の有効成分のはたらきのイメージ図

※ステロイド外用薬の使用に対して不安を感じていらっしゃる方へ

ボラギノールAシリーズに配合されているステロイド成分(プレドニゾロン酢酸エステル)は、体内で作られる副腎皮質ホルモンを化学的に合成した成分です。
ステロイド外用薬の中で効力の弱いランクに分類されており、適正に使用すれば、過剰に心配する必要はないとされています。

特徴2

使い方が選べる2ウェイタイプ

肛門内側の痔には注入、肛門の外側・肛門付近の痔には塗布して使用できます。

※注入する場合は、1回量として、1個全量を使いきってください。

※一度塗布に使用したものは、薬剤の量が少なくなっているため注入には使用しないでください。

使い方が選べる2ウェイタイプのイメージ図

POINT

使いきりでクリーン
(肛門内に注入する場合)

ノズル部分を肛門内に挿入して使用し、1回量として1個全量を使いきるタイプ。
だから、患部や薬剤に直接手を触れる必要がなく、衛生的に注入できます。

特徴3

おしりに優しくフィット

患部を傷つけないように、容器先端(ノズル)を丸くしています。
刺激が少なく、なめらかですべりのよい油脂性基剤が傷ついた患部を保護します。
薬剤をスムーズに押し出し、患部に必要量を届けるために、ノズル部分を直径6mm、長さ26mmに設計しています。

ノズル先端拡大図

POINT

日本人のおしりを考えた容器

日本人の肛門管における歯状線までの長さは約18mmです。きれ痔(裂肛)やいぼ痔(外痔核)は歯状線より下ですが、痔疾の中でもっとも多い肛門内側のいぼ痔(内痔核)は、歯状線より少し上にあるため、この部位まで薬剤を届ける必要があります。
ボラギノールA注入軟膏は、このような肛門の構造や痔の病態をふまえた容器設計となっています。

日本人のおしりを考えた容器のイメージ図

特徴4

携帯に便利

坐剤のように温度管理に気を使う必要がなく、小さな容器を個別包装していますので、バッグなどに入れて自由に携帯でき、保管も簡単です。外出、旅行などに便利です。

<ボラギノール® シリーズ比較表>

各製品の主な分類については、下表をご参照ください。
各製品の詳細は、製品情報一覧をご確認ください。

ボラギノールA
シリーズ
ボラギノールM
シリーズ
内服ボラギノールEP
特徴 4種の有効成分がはたらいて、いぼ痔・きれ痔による痛み・出血・はれ・かゆみにすぐれた効果を発揮する 4種の有効成分がはたらいて、いぼ痔・きれ痔による痛み・かゆみにすぐれた効果を発揮する 3種の生薬エキスを配合。血液循環を改善するとともに、いぼ痔・きれ痔による痛み・出血・はれ・かゆみなどの症状を改善する
ステロイド
(プレドニゾロン酢酸エステル)
有効成分 プレドニゾロン酢酸エステル
リドカイン
アラントイン
ビタミンE酢酸エステル
リドカイン
グリチルレチン酸
アラントイン
ビタミンE酢酸エステル
ボタンピエキス
セイヨウトチノキ種子エキス
シコン水製エキス
ビタミンE酢酸エステル
剤形 坐剤 注入軟膏 軟膏 坐剤 軟膏 顆粒
痔の種類と適正剤形 内側の
いぼ痔
【内痔核】
坐剤 注入軟膏 軟膏 坐剤 軟膏 顆粒
外側の
いぼ痔
【外痔核】
坐剤 注入軟膏 軟膏 坐剤 軟膏 顆粒
きれ痔
【裂肛】
坐剤 注入軟膏 軟膏 坐剤 軟膏 顆粒
1日使用回数 坐剤1〜2回
 
注入軟膏【注入】
1〜2回
【塗布】
1〜3回
軟膏1〜3回
 
坐剤1〜2回 軟膏1〜3回 顆粒2回

■ボラギノールは、いずれも15歳以上の方が対象です。
※3種の生薬エキス・・・ボタンピエキス、セイヨウトチノキ種子エキス、シコン水製エキス

製品情報

効能

いぼ痔・きれ痔(さけ痔)の痛み・出血・はれ・かゆみの緩和

用法・用量

ノズル部分を肛門内に挿入し、全量をゆっくり注入すること。

肛門内に注入する場合

年齢 1回量 1日使用回数
成人(15歳以上) 1個 1〜2回
15歳未満 使用しないこと

または、次の量を患部に塗布すること。
なお、一度塗布に使用したものは、注入には使用しないこと。

患部に塗布する場合

年齢 1回量 1日使用回数
成人(15歳以上) 適量 1〜3回
15歳未満 使用しないこと
【用法・用量に関連する注意】
  • ⑴ 肛門部にのみ使用すること。
  • ⑵ 肛門内に注入する場合、ノズル部分のみを挿入して使用すること。
  • ⑶ 用法・用量を厳守すること。

成分/1個(2g)中

【成分・含量】 【はたらき】
プレドニゾロン酢酸エステル
…1mg
炎症をおさえ、出血、はれ、かゆみをしずめます。
リドカイン…60mg 局所の痛み、かゆみをしずめます。
アラントイン…20mg 傷の治りをたすけ、組織を修復します。
ビタミンE酢酸エステル
(トコフェロール酢酸エステル)…50mg
末梢の血液循環をよくし、うっ血の改善をたすけます。

添加物:白色ワセリン、中鎖脂肪酸トリグリセリド、モノステアリン酸グリセリン

注入式のため、容器の中に薬剤が少量残りますが、残量を見込んで充填しています。

※この医薬品は、薬剤師、登録販売者に相談のうえ、『使用上の注意』をよく読んでお使いください。