よくあるご質問|つらい痔の症状に - 痔にはボラギノール

痔の薬 ボラギノールについてよくあるご質問

Q.1ボラギノールAシリーズとMシリーズは、何が違いますか。

下表のとおり、成分と効能が異なります。

<ボラギノールA・Mシリーズの成分と効能の違い>
シリーズ名成分の特徴効能
ボラギノールAステロイド(注)配合いぼ痔・きれ痔(さけ痔)の
痛み・出血・はれ・かゆみの緩和
ボラギノールMステロイド非配合いぼ痔・きれ痔(さけ痔)の
痛み・かゆみの緩和

<ボラギノールA・Mシリーズの成分と効能の違い>

ボラギノールA
成分の特徴効能
ステロイド(注)配合いぼ痔・きれ痔(さけ痔)の
痛み・出血・はれ・かゆみの緩和
ボラギノールM
成分の特徴効能
ステロイド非配合いぼ痔・きれ痔(さけ痔)の
痛み・かゆみの緩和

(注)ステロイド:炎症をおさえ、出血・はれ・かゆみの緩和に有効な成分です。
ボラギノールAシリーズにはその一種である「プレドニゾロン酢酸エステル」が配合されています。

Q.2ボラギノール(外用剤)には種類がありますが、
どれを選べば良いですか。

患部の位置と各剤形の適用部位による使い分けをお願いいたします。
主に肛門の内側にできた痔には坐剤、外側にできた痔には軟膏が適します。
注入軟膏はどちらにもお使いいただけます。

Q.3効果の見極めの目安となる期間は、どの位ですか。

ボラギノールA坐剤・軟膏・注入軟膏、ボラギノールM坐剤・軟膏は10日間位使用、内服ボラギノールEPは1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は、使用または服用を中止し、説明文書を持参して医師、薬剤師または登録販売者へのご相談をお願いいたします。

Q.4ボラギノールA坐剤・軟膏・注入軟膏、ボラギノールM
坐剤の説明文書に『長期連用しないこと』とありますが、
この『長期』とは、どの位ですか。

特に期間は定めておりません。
効果が見られる場合は、症状が治まるまで継続してご使用いただけますが、10日間位ご使用いただいて症状がよくならない場合は使用を中止し、説明文書を持参して医師、薬剤師または登録販売者へのご相談をお願いいたします。

Q.5小児(15歳未満)に使用させても良いですか。

小児(15歳未満)へは使用または服用させないでください。
ボラギノール(ボラギノールA坐剤・軟膏・注入軟膏、ボラギノールM坐剤・軟膏、内服ボラギノールEP)は、いずれも15歳以上の方が対象です。

Q.6ボラギノールは、妊娠中でも使用できますか。

ご使用前に主治医にご相談の上、その指示に従っていただくようお願いいたします。
(ボラギノールM軟膏の添付文書の「使用上の注意」には、妊娠中の注意事項を記載していませんが、妊娠中の大切な時期を考え、念のため主治医へのご相談をお願いいたします。)

Q.7ボラギノールは、授乳中でも使用できますか。

ご使用いただけます。
説明文書の使用上の注意をご覧の上、用法・用量をお守りいただき、症状が良くなられた時点でご使用を中止いただくようお願いいたします。

Q.8ボラギノールM坐剤の使用上の注意「相談すること」に
記載の「高齢者」とは何歳位からを言うのですか。

「高齢者」の定義は年齢だけで規定できるものではありませんが、65歳以上をひとつの目安としています。高齢者の方は肝臓や腎臓などの生理(代謝・排泄)機能の低下により副作用が発現しやすい場合があるため、ご使用前に医師、薬剤師または登録販売者へのご相談をお願いいたします。

Q.9ボラギノールA坐剤・注入軟膏(注入する場合)、
M坐剤の1日1~2回、ボラギノールA軟膏・注入軟膏
(塗布する場合)、M軟膏の1日1~3回は、
いつ使用すれば良いですか。

使用間隔は、特に厳密には定めておりません。
ご使用のタイミングとして以下をお勧めいたします。

【1日最大2回使用可能な製品:坐剤・注入軟膏(注入する場合)】
朝:排便後、夕:入浴後あるいは寝る前

【1日最大3回使用可能な製品:軟膏・注入軟膏(塗布する場合)】
朝:排便後、昼、夕:入浴後あるいは寝る前

Q.10ボラギノールA注入軟膏を塗布に使用した後、注入しても良いですか。

一度塗布に使用したものは、薬剤の量が少なくなっており十分な効果が得られにくいため、注入しないようお願いいたします。(ボラギノールA注入軟膏を注入する場合は、1個全量を注入します。)

Q.11ボラギノールで異なる製品どうしの併用(坐剤と軟膏、
坐剤または軟膏と内服など)は可能ですか。

併用はお勧めしておりません。
どちらか一方のみをご使用いただくようお願いいたします。

Q.12使用期限はどこに記載されていますか。

使用期限は、各製品の外箱に記載しております。また、外箱以外の箇所にも記載している製品もございます。
各製品ごとに記載場所を以下に示しておりますので、ご確認いただくようお願いいたします。
また、外箱は使い終わるまで大切に保管いただくようお願いいたします。

ボラギノールA
注入軟膏
ボラギノールA坐剤
ボラギノールM坐剤
ボラギノールA軟膏
ボラギノールM軟膏
内服ボラギノールEP
Q.13目視で外箱の開封の有無をどのように確認したら良いですか。

ボラギノールシリーズの外箱には、3種類の開封方法がございます。
外箱の開封前後の写真をご確認いただくようお願いいたします。
なお、お買い求めになられた際に、開封された形跡がある場合はご使用にならないようお願いいたします。

目視で外箱の開封の有無を確認する方法

箱についているミシン目を切って開封するタイプの製品

対象製品:ボラギノールA坐剤・軟膏、ボラギノールM坐剤・軟膏

【開封前】

箱にミシン目がついています。

【開封後】

開封すると元に戻りません。

箱にある切り取り式のあけ口ジッパー部を切り取って開封するタイプの製品

対象製品:ボラギノールA注入軟膏

【開封前】

箱に切り取り式のあけ口があります。

【開封後】

あけ口を切り取って開封すると元に戻りません。

あけ口を引き上げ、接着部を切って開封するタイプの製品

対象製品:内服ボラギノールEP

【開封前】

引き上げるあけ口の内側は、接着されています。

【開封後】

あけ口を引き上げて開封すると、接着部がはがれ元に戻りません。

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • LINEで送る

このページの先頭へ